「餃子」が人気の和商コーポレーション

和商コーポレーションは栃木県宇都宮市にある、食料品の製造と販売卸とともに、テナント事業もおこなっている株式会社です。埼玉県や千葉県にも営業所があり、昭和58年の創業以来、宇都宮の食を盛り上げながら躍進を続ける気鋭の企業です。
宇都宮といえば、今や全国にその名をとどろかせている「餃子の街」です。
ご当地・宇都宮でその餃子人気を支え、知名度上昇に一役も二役も買っているのが、和商コーポレーションです。

日々多くの家庭の食卓を彩り、食によって健康を支えることで地域に貢献しています。選び抜いたこだわりの素材で、餃子を始め、塩辛や明太子、お惣菜の材料に欠かせないひじきや青のり、ザーサイなども製造販売しています。
イチオシ定番商品の餃子は、厳選された国産の具材のみを使用、機械に頼らず手包みにこだわった本格派です。人の手で握り込まれていることで、皮と具の間の空気が抜けて、しっとりなめらかな食感に仕上げられています。野菜とにんにくたっぷり!約50グラムと大きめで、まさにヤミツキの味わいです。

一番人気のセットは、地元・栃木県産の風味豊かなニラがふんだんに使われているものと、定番のにんにく餃子という大人気の組み合わせで、15個ずつのセットになっています。一度蒸してありますので、水を使わずに焼くことができます。水を入れるタイミングなどを気にせず、料理に自信のない人も、美味しく焼き上げることができます。
和商コーポレーションの魅力は、通常の食品販売だけではありません。

イベントや展示会、町内のお祭りなどでの、臼と杵でつく本格的な餅つきパフォーマンス、やきとりやからあげの屋台風コーナー、要望次第では焼きそばやお好み焼きの販売コーナーなど、楽しい祭典を盛り上げるための機材や商品一式の貸し出し、設置から販売までの一切を請け負う部門もあります。
一般的な手作りの屋台風と違い、安心安全の食材と製法にこだわったプロの味わいのものばかりですので、宇都宮のイベントには欠かせない存在となっています。
食というのは、人々のくらしの中心です。毎日の食卓に並ぶ、定番ながらも美味しいおかず、子どもたちやお年寄り、誰もが楽しみにしているイベントやお祭りを盛り上げる会社として、和商コーポレーションの仕事は、宇都宮になくてはならない企業の一つになっています。その躍進は、関東全域に広がりつつあり、まさしく、今後の活躍から目が離せないと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です