ピリ辛が餃子とマッチする韓国風醤油の作り方

餃子を食べる時には何につけて食べますか?私は酢醤油にラー油を入れてピリ辛にして食べるのが好きです。あとは醤油だけにつけて食べたり、ものによってはそのまま食べたりしています。餃子はご飯にも合いますしビールにも合います。万能なおかずと言えますが、こんな美味しいおかずをさらに美味しく食べる方法があります。それが少しピリ辛の韓国風醤油です。この韓国風醤油の作り方は非常にシンプルで材料を全て混ぜるだけです。その材料は、ニラ2、3本をみじん切りにしたもの、だしつゆを大さじ1、コチュジャンを大さじ1から2これは甘辛さの調整を行うので好みによって入れる量を変えて下さい。

そしてごま油大さじ1、砂糖小さじ2分の1、ごま大さじ2、おろしニンニク一片、一味唐辛子適量ですが、この唐辛子で辛さを調節する事も出来ます。私は辛めが好きなので少し多めに唐辛子を入れるようにしています。辛いのが苦手という方は控えめにするか、入れなくても大丈夫です。以上が入れる材料です。少し準備するものが多いように感じますが、どこの家庭にもあるような調味料ばかりなので手軽に作る事が出来ます。この韓国風醤油は餃子の風味に負けず、ごま油とごま、そしてニンニクの良い香りが口の中で広がります。それでいて適度に甘く辛いので餃子を引き立ててくれます。この韓国風醤油はご飯との相性もすごく良くて、何杯でもご飯が食べられてしまいます。また何にでも合うタレなので様々な一品にかけて食べる事が出来ます。よくかけて食べるのは冷奴です。少し多めに作っておいたタレを残しておいて冷奴にかけるだけで手軽に一品が出来上がってしまい、尚且つ美味しいです。

豆腐は体に良いので是非食べたい食材のひとつなので、タレをかけるだけで更に美味しくいただけるのはありがたい事です。他にもアレンジ方法があって、ご飯の上にマグロのお刺身を乗せて、その上からこのタレをかけると韓国風マグロ丼の出来上がりです。すごく濃厚な味わいなので丼ものにもピッタリです。子供にも大変喜ばれる一品なので、晩御飯のレパートリーに困ったら一度試してみて下さい。韓国風醤油の作り方にもアレンジを加える事が出来ます。ニンニクとニラを入れずに他の材料だけを合わせておけば日持ちがします。またニンニクやニラが苦手という方は入れなくても十分に美味しいタレを作る事が出来ます。餃子に合うタレは他にも多くの使い方があります。色々アレンジするのも楽しいですよ。