販売員としてスーパーへ!和商コーポレーションで働く

和商コーポレーションは、食卓に美味しさを提供し、多くの方々に味わって頂くために、こだわりの食材を提供する会社です。1983年に食料品の小売卸売業者として創業し、現在は、食料品製造販売卸売に加えてテナント事業も展開しており、委託販売のフランチャイズ運営も手掛けています。栃木県宇都宮市に本社置き、80名の従業員を擁しています。

和商コーポレーションの販売員は、主に大手量販店で働いています。自動車の普通免許があれば、販売員をやる上で、特に経験は問われません。全員が未経験であり、充実したトレーニングを提供しており、販売員としてのノウハウや売るコツなども丁寧に教えてもらえるため、安心して仕事を始めることが可能です。

また、和商コーポレーションが商品や機材一式を準備しますので、販売員の方々が準備を行う必要はありません。提供しているサービスは、やきとり、餃子、からあげ、杵つき餅、やきそば、お好み焼き、手羽先などで、興味のある食材を選んでいただける仕組みになっています。

実際にスーパーなどで販売員として働く方は、色々な方法で営業を行っています。お客様に対する声の掛け方、販売店のセッティング方法、試食の提供方法など、販売員それぞれのやり方があります。これをどのようにやるかによって、売り上げに大きな差が出てきますので、販売員の方々のビジネスセンスが問われる場面でもあります。

特に大きな違いがあるのは、販売店のセッティングのやり方です。お客様から見て一番分かりやすい位置に販売店を設置し、お客様が試食をしたり、取り出しやすい場所に商品を並べる方法など、商売のうまさが出る局面になります。これらを工夫し続けている販売員の人たちは大きな営業成果を上げており、働くことのやりがいや楽しさにつながっています。

特に、女性のお客様を意識しながら営業を行うことで、売り上げの伸びにつなげるケースが多いです。主婦のお客様の場合、気に入った食材は家族分もまとめて大量に購入してくれることがありますので、試食の味についても調整しながらやることが重要です。

販売するスーパーによって、また季節や時間によって、温度や湿度が当然ながら変わってきます。お客様が一番おいしいと感じる状態で試食を提供すれば、購入につながり、今後のリピーターになって頂ける可能性も高まります。工夫することが好きな人に向いている仕事であり、改善を続けられる人におすすめです。