台湾餃子について

日本国内の場合、餃子と言えば焼き餃子を想像する人が多いかと思います。しかし、台湾の場合は、餃子と言えば水餃子を想像する人が多くなっているのです。

台湾の場合、餃子は、非常に庶民的なものとなっており、ローカルフード店には、必ずと言っていいほど、餃子がメニューに載っているほどです。

また、日本と台湾では、餃子に対する考え方が異なっています。日本の場合、餃子は、サイドメニューやおかずの1品として考えられます。その為、餃子とご飯がセットになった餃子定食なども当たり前のメニューとなります。一方、台湾の場合、餃子は餃子そのものが主食として扱われます。その為、餃子とご飯を一緒に食べると言った発想はありません。

日本では当たり前になっているラーメンに餃子と言った定番のセットも台湾では考えられないセットになっているのです。その為、台湾の人が餃子を食べる際は、一緒にお惣菜やスープを頼む事が多くなっているのです。

台湾の場合、餃子と言えば水餃子が主な餃子になっているものの、焼き餃子がないと言う事ではありません。台湾でも焼き餃子は非常に人気の高い食べ物となっており、台湾で有名な餃子専門店でも水餃子はもちろん、焼き餃子も取り扱っています。

例えば、八方雲集と言うお店。ここでの看板メニューは、定番の焼き餃子に加え、ニラ餃子、カレー餃子。その他、キムチ餃子などもあります。これ程、多くの餃子の種類があると言う事は、それだけ、台湾では餃子が人気メニューになっている事がわかるかと思います。

もちろん、テイクアウトも可能な為、自宅に持ち帰り食べる台湾の人も多くなっています。その他のチェーン店としては、四海遊龍があり、こちらも、水餃子、焼き餃子を食べる事が可能になっています。また、どちらのチェーン店でも、台湾で有名なスープも食べる事ができ、餃子と一緒に楽しむ事が可能になっています。

以上が台湾餃子についてとなります。台湾餃子の場合、少し日本とは違った感覚で食べられている事も多く、その為、少し戸惑う事もあるかも知れません。とは言っても、基本的には日本で食べる焼き餃子、水餃子と同じです。どちらも、醤油や酢を付けて食べると言った事も同じ。その為、普段通り楽しむ事ができると思います。

ただし、餃子と一緒に何を注文するかといった事だけは、少し注意し、出来れば、台湾式で楽しんでみてはいかがでしょうか。そうする事で、台湾の餃子をより楽しむ事ができると思います。