和商コーポレーションはどのような企業か

ギョーザをつくっている会社は日本にたくさんあります。日本は食品の会社が多くありますので、ある程度メジャーな食べ物であるギョーザは有名な会社からマイナーな会社まで様々なところで扱っているのです。
その中の一つに和商コーポレーションがあります。この和商コーポレーションとはどのような企業でしょうか。この会社の特徴は、ギョーザを中心として食品を扱っているところになります。ギョーザといっても、通信販売などで販売しているものもあれば、店舗で販売されているものもあります。通常スーパーの売り場で並んでいる餃子の中にはない可能性が高いです。
なぜなら店頭販売だからです。店頭販売といってもラーメン屋等のように餃子専門のお店をもっているわけではありません。ではいったいどのような販売形態をとっているのでしょうか。実は、大型スーパーや大型ショッピングモールなどの食品売り場の一部を借りてギョーザを販売しています。そういう意味で店頭を持っているわけではないのです。
基本的に、和商コーポレーションが大型スーパーなどで販売しているギョーザの店はフランチャイズの店になります。この会社はフランチャイズ契約店を募集しており、説明会をして面接を行い、1日体験をした後研修をして合格をすれば、フランチャイズとしてお店を持つことが可能になります。フランチャイズになると大型ショッピングモールや大型スーパーに赴き、そこの一角を借りてギョーザやもちなどを販売します。このようにして商売を拡大させているのが和商コーポレーションの特徴です。

ギョーザに関しては、本場宇都宮のギョーザとして有名です。餃子の特徴は厳選された素材のみを使い、すべてが国産の野菜や肉でそろえています。さらにその餃子一つ一つが人間の手によるもので、大量生産の割には機械を使っていないのも特徴です。なぜ機械を使わないかといえば、機械を使うとギョーザの皮と具の間に空気が入ってしまいます。この空気が入ってしまうことで、柔らかい食感がなくなり滑らかさがなくなってしまうのです。裏を返せば、手で作り上げたギョーザは、空気が入っておらず柔らかい食感を楽しむことができます。ギョーザの大きさに関しては一つ約50gもあり、通常販売されているギョーザのおよそ2.5~3倍の重さになりますので、かなりのボリュームがあります。それ以外でもヒジキや四川風のザーサイ、杵つきもちなどを販売しています。